ワグナー.ナンドールさんの事

 

 

約30数年前、勤め先の研修会に、

益子在住の彫刻家ワグナー.ナンドール夫妻が講演に来社した。

講演の内容は忘れたが、当時担当した作品を

鋭く批評していただいた事を良く覚えている。

 

故ワグナーさんは若い頃建築を学んでおり、

自分のアトリエも自力で建築する人であった。

来社する前に、益子のアトリエを見学させていただいた事があり、

その変化に富んだ空間構成は今でも鮮明に覚えている。

後日2度ほどアトリエを訪問したが、

その度にアトリエの増築が行われ、様相が変化していた。

アトリエは今も、益子共販センターの東の小道を上がった

窯業指導所の先にある。

 

現在は奥様が故人の意志を引き継ぎ、

世界平和を願って、 歴史上の哲人をテーマにした

ワグナー.ナンドールアートギャラリーとし、

期間を決めて公開している。

 

実は講演をしていただいた当時、ワグナーさん

私も昔訪れて感激した 、ウィーンの郵便貯金局の設計で有名な

「近代建築の父オットー.ワグナーの血縁者とは 知らなかった。

(ご自身でも紹介しなかった。)

 

ウィーン郊外にあるオットー.ワグナーの自邸
ウィーン郊外にあるオットー.ワグナーの自邸

気がついたのは、去年ワグナーさんの伝記

「ドナウの叫び」-幻冬舎版ーを読んだ時であった。

その内容は、第二次世界大戦中ナチスを逃れ、

戦後ソ連の共産主義に揺り動かされる東欧を生き抜き、

日本に辿り着いたワグナーさんの波乱に満ちた物語である。  

 

 

 

なおワグナーさんの作品は、現在も県立美術館に常設展示されている。

 

 


コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    ワグナー・ナンドール アートギャラリー (木曜日, 06 10月 2011 15:24)

    ワグナー・ナンドール アートギャラリーです。
    ブログに紹介していただき感謝申し上げます。
    この度の震災で、春季展は臨時休館いたしましたが、修復が進み、秋季展を開館できることとなりました。
    お時間がございましたら是非お出掛けくださいませ。
    【秋季展2011のご案内】
    http://kankou.4-seasons.jp/asobu/509_1051_topics_details.shtml