「鈴木 稔 陶展」が終了しました。

鈴木稔さんに初めてお逢いしたのは

自宅近くにあった「ギャラリー芙蓉」さんでした。

個展をされる度に、こんなにも変わって行く作家さんは

他に知らないので毎回ビックリしました。

 

後に、震災後の益子復興のお手伝いとなる

「益子陶器市ツイート」を立ち上げて下さったのが稔さんでした。

私の微力な声かけを大きな力に変えて下さいました。

その稔さんにうちのギャラリーで個展をしていただける!

2016年の締めくくりに最高の個展になりました。✨

本当は11月の末から12月の初めの予定でしたが

薪の手配が遅れ、クリスマスの季節になってしまうとの事、

ならば思いきりクリスマスカラーの個展にと。

陶で作るマリア様や母子像、

それから可愛いオーナメントに小皿。♬

今回は「ネットでは3分で売り切れ」の

グラノーラ作家のHaruka's Ovenさんのお菓子とのコラボも実現!

まずは会場をぐるりと見渡してみて下さい。

多分300点くらいにはなる作品は

どこから眺めても壮観で美しく楽しく。

今回は10日間という長い会期だった為、

前半の週末にワークショップも入れていただくという豪華さ。

フリーカップとパスタ皿、、どちらも思った以上に難しく

失敗して落ち込む参加者の目の前で

稔さんがちょっと手を触れると、、

あら不思議!あっという間に滑らかにステキな仕上がりに。💛

陶芸家としての稔さんの力強い腕に

つい見とれてしまいます。

欲しかったものはいろいろありましたが、

今回の個展の記念に私が選んだのは

薪窯の火の勢いで、来年の干支の酉が

アームの下に潜り込んでしまったこのピッチャー。

作ろうとして作った訳ではない偶然の産物。

最後まで残ってくれてありがとう。

愛おしい良い記念になりました。

小皿や小さなマリア様、箸置き、フリーカップ、、

また食器棚が賑やかになりました。

今一番のお気に入りはこの釉薬が美しい湯呑み。

手のひらで包む感じがとても心地良いです。

やって良かったと思っていただけたら良いなぁ。

またいつかここでやっていただけたら良いなぁ。。

嬉しい夢がまたひとつ叶った年末でした。

鈴木 稔さん、本当にありがとうございました。感謝です!

そしてまた今後もどうぞよろしくお願い致します。