春の陽射しに。

 

2月も終わりの静かな朝。

まだまだ風は冷たいけれど、

天窓から漏れる陽射しが

ようやく春の角度に傾いて

吹き抜けのキャットウォークに降りて来ました。

みーがすかさず空いたばかりの洗濯カゴに入ってキャッチ。

気持ち良さげに温まっていました。

 

 

 

もともとは幅10cmの鉄骨の手すりでしたが、

ここをまだ小さかったみーが走って、

2度ほど落ちたことがあります。

 

まだ体重も軽く、若くて元気だったから

ちょっとしょげただけで立ち直りましたが、

今はもう立派なおばあさん猫。

落ちたら死んでしまうからと、

数年前に主人が慣れない日曜大工で幅30cmに拡大。

ちょっと洗濯物を置いたり、便利に使っていますが

もともとここは私の場所よと言いたげなみー。

 

 

 

陽射しが少しずれたので、

暖かい場所へとそっと移動してあげたのに

「なにすんねん!」と言わんばかりの顔。

うちのお嬢様は我が儘です。

 

 

 

場所を選ばずに眠れる平和で暖かな春が

1日も早く来ますように。。

 

 

 

 


コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    ただ (土曜日, 10 3月 2012 04:22)

    かわいい!ですねえ。もうそれしか言葉がありません。。

  • #2

    rhodorite (土曜日, 10 3月 2012 08:53)

    たださん。
    ありがとうございます。
    もう15才のおばあさん猫ですが、
    とても元気。本当に可愛いです。
    1日でも長く一緒に、楽しく暮らして行きたいと
    心から願っています。