「100本のマフラー展 2019」

 

2年振りのマフラー展は余裕のはずでしたが、、

今年は夏の終わりまで気になる事が続き

ようやく無事秋になり、落ち着いたら本腰を入れるつもりが、

今度は手編みをする妹の家が台風で被災。

今年は無理かな、という想いが頭をかすめつつも

10月からはギャラリーの本格始動で、肝心な時に手伝えず

個展の合間を縫って片づけに通い、

ようやくギリギリで準備が整いました。

 

 

今年は手編みが170点、手織りが120点ほど。

他にも前回好評だったミニバッグや、

とんぼ玉コレクターの友達のショールピンなど

合計300点を超える展覧会となりました。

 

一週間前にはほぼ全てを運び込み

値札付けやら必要な買い物などの雑用を済ませ

初日前夜には完了。

良くここまでたどり着けたと、ようやくホッと出来ました。

 

まずは手編みの作品から。

様々な糸、様々な編み方による

マフラー、スヌード、ネックウォーマーに肩かけショール。

そして可愛いミニバッグいろいろ。♬

 

手織りのマフラーは織り方はすべて同じですが、

糸が違うとこんなにも雰囲気が変わる、手触りが変わる面白さ。

今年は特に「手染め&手紡ぎ糸」のステキな作家さんとの出会いがあり

なにも足さずにその糸だけで夢中で織った作品が多く、

さらに「引き揃え糸」も初めて手にして、

さまざまな雰囲気の糸を楽しみながら織りました。

いつもの華やかなマフラーを期待していらして下さったお客様には

少し物足りなかったかもしれませんが

手にしていただけたら、その糸だけで織った意味がわかっていただけたかと。

 

そして今年も「同じ糸で手編みと手織り」コーナー。

今回は初めての「引き揃え糸」での競い合い。

いつもながら、作っている自分たちが一番

その手触りの違いに驚き、楽しんでいます。

 

今年の春からギャラリー前に

アレンジメントをお願いすることになった

「KIRINO」さんの上品で素敵な寄せ植え。

しかも今回はマフラー展という事で

枝の先に毛糸のリボンを結んで下さいました。

しかも初日に華やかなヴィオラの寄せ植えも。

お心遣いに感謝です。💛

 

テーブルの上には大好きなプリンセチア。

そして今年のお菓子は「ポルボロ」、

スペインの落雁とでもいう感じでしょうか。

シナモンが香るホロリとした口どけのお菓子です。

 

 

今年もたくさんの方にいらしていただき

本当にありがとうございました。

何故か集中する時間と閑散とする時間が極端で

特に混雑する時にいらしていただいたお客様には

ゆっくり説明する時間もままならず失礼致しました。

 

2年に一度のやらない年にかぎって

「今年はやらないのですか?」と聞かれるもどかしさ。。

とりあえず来年はやろうと決めました。

本数的にはゆっくり織れそうなので

来年は一本一本じっくりと手をかけて

また違う雰囲気のものを作って行きたいと思います。

いらして下さった皆様、それからネットで応援して下さったたくさんの皆様、

本当にありがとうございました。心から感謝致します。

また来年もどうぞ楽しみにお出かけくださいませ。