谷口直之&斉藤ダイスケ 陶器と磁器の二人展

 

一昨年の暮れに谷口直之さんに個展をしていただいてから2年。

今年は「二人展で」との希望をいただき、

どんな方と一緒にやるのかなと興味津々で

秋の益子陶器市を訪ねてみました。

 

直之さんとはビジュアル的にも作風も正反対の

(二人の写真を撮らなかったことを後悔!)

陶器と磁器の二人展。

これは面白い個展になりそう!と期待しつつ

個展の日を迎えました。♬

 

 

お二人とも前日の夕方まで仕事で

夜になってようやく搬入&展示開始。

遅くまで金槌の音が響いていました。

 

まずは谷口直之さん。

得意のオブジェや季節のクリスマスツリー。🎄

味わいのある器の数々に見応え十分です。

 

 

そして期待の斉藤ダイスケさん。♬

 

 

何という色の楽しさ!面白さ。

まるで色の組み合わせ方や模様の実験をしているよう。

並びきれずに翌日にはご自分で棚を増設。

 

 

こんなにも朝の光と夜の灯りの中で

雰囲気の変わる個展も珍しいかもと。

特に朝の陽ざしの中で見るワクワク感は心躍るもので

夜はクリスマスツリーライトだけを灯して

静かなギャラリー空間を楽しませていただきました。

 

 

2年前の個展では、直之さんにクリスマスの柊のブローチのワークショップを

やっていてだいて大好評だった旨をお話ししたら、

次回はダイスケさんが楽しいワークショップをやって下さると約束して下さいました。

 

 

終わってしまえば、あっという間の4日間。

途中、展覧会が終わってから二人揃って忘年会に出席の為、

この夏出来たばかりのゲストルームに二人で泊まるというハプニング!

一人での滞在しか予定していなかった部屋に、何とか二人で泊まれるよう

あれこれ探して来て運び込んでは様子を見たりで

一人焦っていた私でしたが、、

夜中に帰って来たという二人はとても楽しそうでした。

 

今回は器の話より、直之さんの版画の作り方や

ダイスケさんのヘアスタイルのまとめ方や、、

変な質問ばかりしていた気がします。すみません。💦

 

今回は何処に飾っても似合うような

直之さんの版画と、ダイスケさんの花器とをいただきました。

良い選択だったと思います。

 

また次回、楽しい展覧会を期待しつつ。

お二人ともお疲れ様でした。

本当にありがとうございました。