「鈴木 稔 陶展」が終了しました。

鈴木稔さんに初めてお逢いしたのは

自宅近くにあった「ギャラリー芙蓉」さんでした。

個展をされる度に、こんなにも変わって行く作家さんは

他に知らないので毎回ビックリしました。

 

後に、震災後の益子復興のお手伝いとなる

「益子陶器市ツイート」を立ち上げて下さったのが稔さんでした。

私の微力な声かけを大きな力に変えて下さいました。

その稔さんにうちのギャラリーで個展をしていただける!

2016年の締めくくりに最高の個展になりました。✨

本当は11月の末から12月の初めの予定でしたが

薪の手配が遅れ、クリスマスの季節になってしまうとの事、

ならば思いきりクリスマスカラーの個展にと。

陶で作るマリア様や母子像、

それから可愛いオーナメントに小皿。♬

今回は「ネットでは3分で売り切れ」の

グラノーラ作家のHaruka's Ovenさんのお菓子とのコラボも実現!

まずは会場をぐるりと見渡してみて下さい。

多分300点くらいにはなる作品は

どこから眺めても壮観で美しく楽しく。

今回は10日間という長い会期だった為、

前半の週末にワークショップも入れていただくという豪華さ。

フリーカップとパスタ皿、、どちらも思った以上に難しく

失敗して落ち込む参加者の目の前で

稔さんがちょっと手を触れると、、

あら不思議!あっという間に滑らかにステキな仕上がりに。💛

陶芸家としての稔さんの力強い腕に

つい見とれてしまいます。

欲しかったものはいろいろありましたが、

今回の個展の記念に私が選んだのは

薪窯の火の勢いで、来年の干支の酉が

アームの下に潜り込んでしまったこのピッチャー。

作ろうとして作った訳ではない偶然の産物。

最後まで残ってくれてありがとう。

愛おしい良い記念になりました。

小皿や小さなマリア様、箸置き、フリーカップ、、

また食器棚が賑やかになりました。

今一番のお気に入りはこの釉薬が美しい湯呑み。

手のひらで包む感じがとても心地良いです。

やって良かったと思っていただけたら良いなぁ。

またいつかここでやっていただけたら良いなぁ。。

嬉しい夢がまたひとつ叶った年末でした。

鈴木 稔さん、本当にありがとうございました。感謝です!

そしてまた今後もどうぞよろしくお願い致します。

 


0 コメント

煌めきのジュエリー展 2016

今年も頑張って下さいました。「煌めきのジュエリー展」

今回で6回目です。

毎年この季節に色の無いギャラリーを

様々な美しい色で埋め尽くして下さるステキな個展。✨

今年は大きなツリーが運び込まれ

華やかで可愛いアレンジメントがテーブルに。✨

まずはぐるりと今年のジュエリーをじっくりとご覧下さい。

パールやシルバーのピアスとイヤリング、ネックレスのコーナー。

アンティークビーズが美しいネックレス。 

朝、お掃除にギャラリーに降りると、

夜遅くまで新しい作品を作っていた痕跡が毎日。

夜も美しい景色を、今年も見せていただきました。

いつもながら、途切れる事のないお客様と

一日中たて続ける珈琲の湯気でウィンドウが曇る伝説は今年も。

また来年、どんな美しいものを見せていただけるのかを楽しみに。💛

                

0 コメント

「100本のマフラー展 2016」

毎年12月の初めの週末に予定していたマフラー展ですが、

今年はいろいろあって、お休みの予定でした。

でも思いがけずいつもの日にちが空いてしまったので

急遽一日だけやる事に!

いつもの年より本数も少ないし

あまりお知らせをせずに、そっとやる予定が

やはりそういう訳にも行かず、慌ててDMを作ったり看板を作ったり。

並べてみれば、それなりに恰好はつくなぁと思いながら

やはり個展前の飾りつけは楽しかったでした。

猫の手も借りたいほど忙しい!と、、

思ったら、猫は売り物のマフラーの上にちゃっかり。((+_+))

いつもより数が少ないので、

お買い得コーナーを設けたり、

クリスマス時期に近いので

ちょっと雰囲気を出してみたり。

昨年同様、トンボ玉コレクターの友達に

ショールピンを作って貰って一緒に並べたり、

クリスマスツリーを織ってみよう!という

コーナーを作ってみたり。

たった一日でしたが、いろいろ楽しむ事が出来ました。

来年はしっかりやりますね。

どうぞご期待下さいませ!

最後に、今年出合ったステキな手紡ぎ糸のマフラーをご覧いただきながら。✨

0 コメント

旅する花屋「ハヤシラボ」初体験。

益子の秋の陶器市は、初日と4日目の日曜日に参戦。

お天気に恵まれて、いつもの秋よりたくさんのお客様でごった返していた街。

その中でもひときわ目立つ行列がありました。

長さ3~40メートル。いったい何の行列?

でも最近益子では行列作家さんは何人もいるので

きっとまた誰か新しい作家さんが行列作家になったかな?と思いながら

覗こうにもあまりの人垣の多さに確かめる事も出来ず

その場を離れた初日でしたが、、

それが「旅する花屋 ハヤシラボ」さんだと知ったのが日曜日。

とにかく美しく、見た事もない花や緑がたくさん!!

後から調べたら、この日が一番花が充実していたそうで。

「今なら5人待ちだよ!」と知らせて下さった作家さんの声に

私も思わず列に加わりました。

並んではみたものの、いったいどんな風に注文するのか、

全てお任せになるのか、金額はどれくらいか。。

(今は3000円からだそうです)

ドキドキしながらも美しい花に見入っていると

中に雰囲気のあるステキな男性が。

この方が花束を作ってくれるんだなと。

期待感、おおいにアップ!♬

            前の方達が注文するのを見ていたら

                    「この花とこの花を入れて、あとはお任せします。」

      そんな感じが多い。

                  私の前の方は「ドライになっても美しい花を。」

              あぁ、それもありかと思ったけれど、

                 生花の美しさを選ばないのはもったいない。

                 私もメインになる花を選んで待つ事30分。

          いよいよ私の番が来ました!

 

                 「一番美しい青い紫陽花と、ノーブルリリーと

                     アザミのような花を入れて、白と紫のイメージで。」

 

                 待つ事10分少々、でも彼は真剣に花を選び、

                  束ねては壊し、置き換えてまたバランスを見て。

これが私がお願いした花束です。

ビックリしたのは彼が花鋏以外何も使っていなかった事。

バラなどの季節は使うのかも知れないけれど、

茎を切る意外は全て手で葉をむしり取り、並べて束ねる。

「花と手」それだけの作業。

 

注文した方の言葉を聞きながら

最後にチラっとその方を見る、、

その一瞬で、作る花束のイメージを決めるのでしょう。

出来上がった花束の写真を撮るのを忘れました。

濃い目のピンクの紙に包んで、ラフィアの紐で結わえて

そして彼が出来上がった花束を抱えて私の方へ来て

「ありがとうございました。」と渡してくれる。

それを回りの皆さんが見ている。。

一瞬の女優気分とでも表現したら良いでしょうか。

なんて幸せな気持ち!

行列に加わった瞬間から

花を選んでいる間も

作っていただいている間も

そして花束を渡された瞬間も

そして花束を抱いてめぐる陶器市も、

それから帰宅して花器に活けてからも、、

ずっと魔法がかかっているように幸せな時間でした。

 

「ハヤシラボさんで作って貰った花束を抱いている人は

みんな嬉しそうで誇らし気ですよね。」

ある作家さんが話してくれました。

確かに。

 

普段、自分の為に花を買う事はあっても

自分の為の花束を作っていただくことはまずありません。

 

自分の好きな花を選び、それで自分だけの花束を作っていただいて

それを観衆の中で手渡される幸せ。

見ている皆さんも幸せそうな顔をしている。

そしてまたその人も自分の為に花束を作って貰う。

幸せのお裾分けをいただきながら、

自分も誰かにお裾分けしている、、

そんな幸せな気持ちにさせてくれる花屋さんでした。

 

またいつかどこかでお逢い出来たら作って貰いたい。

その時、私はどんな花を選ぶのでしょうか。

それを考えるだけでまた楽しい。💛

 

 


0 コメント

「お洒落なフリマ 16’秋」!

春に行って大好評だった「お洒落なフリマ16’春」。

お客様から「秋にも必ずやってね!!」と嬉しいお言葉をいただいて、

春は急ごしらえでしたが、秋は準備期間をタップリ取って

万全の態勢でオープンしました。

題して「お洒落なフリマ 16’秋」!!

今回は主にお洒落な服がメインのフリマとなりました。

春夏物に比べて嵩張るのも承知でしたが、、

春にも増して大量の服や小物達が運び込まれました!

果たしてこれが捌けるでしょうか?!

小物達も充実。

クラフトショップをしていたお二人が

これは絶対手放さないであろうと思っていたものが並んで

主催者側であるはずの私が一番興奮!♬

掘り出し物がたくさんの棚の上。♬

美しいアンティークのミルクピッチャー。

アンティークのバラの切手が並んだ額。

載せるガラス玉で雰囲気が変わる、手作りのランプ。✨

優しい木の手仕事のオブジェたちは

すべて旅立って行きました。

こんなにたくさんの物たちが、ほぼ旅立って行きました。

ギャラリーがたまにお店になる、、これも楽しい事でした。

通りがかりの方が「あら!いつの間にこんな素敵なお店が出来たの?!」と

声をあげて喜んで下さったのに、

たった三日間ですと答えた時のガッカリしたお顔を忘れません。

 

あまりの忙しさに、会期中の写真が撮れなかった事がとても残念です。

またいつか機会を作って、「お洒落なフリマ」を開催出来たらと思っています。

いらして下さった皆様、本当にありがとうございました。

 

 


0 コメント

SOCKMANIAさんのモニターに挑戦。

先週、いつものぞいている「SOCKMANIA」さんのブログに

新作糸のモニター募集が載っていました。

一目見て惚れてしまった色合い。

これでショールを織ったらステキだろうなぁ。。

それで即応募、当選しました。♬

当選通知の翌日には糸が到着。思った通りの素敵な糸でした。

 

メーカー  :Dream in color

糸名    :Jilly Lace

色名    :Brilliant

濃淡のあるブルーベースにところどころピーコックグリーンが入った

南国の海を思わせるような色です。

 

防縮メリノウール100%

1カセ 約805m 約113g
太さ :極細(Lace 2ply)

すでに糸は玉巻きしてありました。私のバックベルト織り機には1本では細すぎるので

中と外から糸をひき出して2本どりにしていざ織り始め。

2本どりにすると880mの糸が半分の440m。

だいたい縦横半分づつ使うとすると、40cmの織り機がちょうど良いようです。

房の始末分を入れて210cmで107本切りました。

2本どりなので、綾を取る方法で糸が絡まないよう慎重に。

綾の部分をしっかり糸で結びます。

結んだら糸を切ります。

てのひらに綾の部分を乗せて順番に筬(おさ)に通してゆきます。

全部通したら手前の穴あきの板に2本づつ通し、抜けないようにまとめて結びます。

反対側も同じように結んだら、向こう側をクランプで棚に固定し、

手前側は椅子に腰かけて、紐で腰に結んで引っ張って糸の調子をみます。

これで経糸の準備は完了。

横糸も2本どりで板杼(いたひ)に巻いて行きます。残り全部、260往復。

これでいよいよ織り始め!

糸が柔らかいのでところどころランダムに打ち込みを強くする場所を作りました。

アクセントにもなってまとった時に楽しいリズムが生まれます。

手が届かないところまで織れたら一度外し、糸の間隔や雰囲気を見てみます。

あとはひたすら織り進めて完成。横糸の残りが全然ありませんでした!

結び目を切り落として、フリンジツイスターで房の始末をして織り上がりです。

                完成!!

出来上がったショールをリネンのワンピースに羽織らせてみました。

糸が優しく軽いので、涼風がたったらもう使えそうです。

くるりと巻いて結んでも様になりました。

幅があっても薄いので使い勝手も良さそうです。

一度洗うともっと優しい手触りになりそう。

この秋が楽しくなりそうです。♬


0 コメント

「堀中由美子exhibition&workshop」終了

           昨年に引き続き2度目の堀中由美子さんの展覧会が7月22日から27日に行われました

               おかげ様でたくさんの方に見ていただき、最終日には完売となりました。

         いらして下さった皆様、本当にありがとうございました。

 

                   

                                                  昨年は我が家の事情で1週間の予定を3日にしていただいた事で 

                         慌ただしくも内容の濃い充実した展覧会ではありましたが

                         こちらの都合でちゃんと出来なかった事がずっと気がかりでした。

                         春の陶器市に堀中さんから「今年も個展をやりたいです」と

            言っていただけて ホッとしつつ、 

            今年はしっかりサポートに回ろうと思いました。

昨年はギリギリまで準備を頑張っていただき、

オープン時間直前の展示だったため、今年は前日に搬入。

当日も余裕で開始を待とうとしたところ、

11時のオープン予定に早くも9時半にはお客様がギャラリーの前に。

堀中さんの到着を待つ間にも少しづつお客様が増えていて、

結局30分繰り上げて10時半にオープン。

初日の午前中に主な作品はほとんど売れてしまいました。

6日間の会期なので大きな作品はお預かりしましたが

半分以上が赤丸というギャラリー始まって以来の非常事態でした。

、、あれも、これも、みんな旅立ってしまいました。

オープン2時間で堀中さんも私もちょっと脱力状態。

 気持ちを立て直して、午後2時からは3日連続の絵付けワークショップ。✨

最初に見本を描く堀中さんの手際の良さに毎回感嘆の声があがりました。

それぞれのお客様に丁寧で的確なアドバイスをする様子は頼もしく心強く。

みなさん真剣かつ楽しそうに描いていました。

 

初日。丁寧に色付けまでした下書きを何枚も用意してらしたお客様。✨

2日目。

3日目には小学生の姉弟が参加。

手を止める事なくどんどん描いて行くおねえさんと

定規をきちんと使って丁寧に描いて行くおとうと君。 

           左下のお皿がおとうと君、真ん中がおねえさん。

            どんな仕上がりになる事か楽しみです。♬

         ワークショップの後は、堀中さんとお客様全員でお茶会。

          今年初めての方も昨年に続いて2度目の方も、お茶とケーキを挟んで話が弾み、

          お互いの作品の写真を撮り合ったり、いろんな方へ話が広がって笑い声が絶える事なく。

          何度もお茶を淹れ替えながら、毎日夕方までの時間があっという間に過ぎました。

                                           益子のお祭りと会期が重なってしまった堀中さん。

             ワークショップ終了後には急いで益子へ戻って

            お囃子のお稽古に参加したり、お祭り最終日には一日太鼓を叩いたり、

            夜中までの打ち上げに参加したり。

            予想外の展開で初日以降のお客様に買っていただける作品が少ない事を

            悩ませてしまった事が申し訳なかったです。

 

売れてしまった小さな花器やぐい吞みには

毎日花を挿してみました。

                  気が付けばあれもこれも、最終日には完売。

                  嬉しいような淋しいような。

         

                       堀中由美子さん、本当にお疲れ様でした!

                       また来年もぜひお願いしたいと思っております。

                       心から楽しみにしています。✨

            

0 コメント

阿部真由美展

 

今年の春のまだ早い時期に、イラストレーターの阿部真由美さんが

うちのギャラリーで個展をやって下さる事が決まった時は

まずワクワクする気持ちが湧いたものの、、

阿部さんはこの時期はいつも銀座の伊東屋さんで個展をされている

イラストレーターの世界では有名な方です。

私達の暮らしを見渡せば必ずいくつか阿部さんのイラスト作品が目に入るという

すごい方にやっていただく事になったと、引き締まる想いも同時に起こりました。

 

 

個展は5月の最終週。いつもなら我が家の植え込みのささやかなバラ達が

イッセイに咲き誇る季節で良かった!、、と胸を撫で下ろす間もなく

連休中の暑さでいつもより10日ほど早く咲き始まってしまい、

かろうじて残った見栄えのする薔薇を毎日手入れして

何とか見苦しくなくしようとするのが精一杯!

 

 

21日土曜日に搬入完了。

ギャラリーを入って左手には花の絵を、

右側にはお菓子の絵を並べてみました。

 

25日のオープン当日には直前に

レディオベリーのインタビューが入るという嬉しいお知らせ。♬

 

 

 

華やかな雰囲気の中で、和やかにインタビューが進みました。

11時のオープンからはお客様が途切れる事なく

楽しい笑い声と歓声が個展の間中ギャラリーを満たしていました。

3年前に地元に帰って来られた阿部さんの同級生の方々が

いろんな情報を手にして集まり、小さな同窓会が毎日行われていたようでした。💛

 

 

小さ目の額は毎日のように赤丸が増えて

控えめに掛け替える作業があった事も楽しみのひとつでした。

 


大きめの額もいくつか旅立って行き、

赤丸が増えるのは嬉しいものの、手描きのこの絵にはもう会えないんだなと

日数を重ねるにつれ少し淋しい気分が募る日々でもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

阿部さんが毎日のようにご自宅のお庭から

切って来て下さったお花と、

 

 

 

 

 

我が家で毎日咲くバラとを

邪魔にならないようあしらいながらの

楽しい6日間でした。

 

 

毎日ほとんど途切れることなく、たくさんのお客様にいらしていただき

心から感謝申し上げます。

次回は季節を変えて、また違うステキな花々を見せていただける日を楽しみに。。

 

 

個展の翌朝、阿部さんはもうご自宅で花の手入れをされていました。

ギャラリーの入り口を飾っていたオルレアが風に揺れて美しかった事。✨

いつかはこの庭がステキな花のガーデンに。✨

 

 

私は初めから欲しいと思っていたラベンダーの絵をいただく事が出来ました。

この季節に個展をさせていただいた記念に。

今、ギャラリーの壁に掛けて一人嬉しく眺めています。

またいつかギャラリーの白い壁に、違う花々が美しく飾られる日を夢見て。。

 


0 コメント

「お洒落なフリマ 16’春」

 

遡る事3年前の春。

このギャラリーで、様々な理由で休みがちだった「Mrs.carott」さんと「空しど」さんの

二つのクラフトショップの再オープン記念のイベントを楽しく行いました。

ですがそれから約2年ほどで、ふたつのお店ともほぼ時を同じくしてやめることに。

どちらもご家族やその他の諸事情で止む無くのクローズでしたが、

どちらのお店も大好きだった私は「これから遊びに行く場所がなくなってしまう、、」と

とても淋しい想いをしました。

 

あれから一年。

ギャラリーでの個展やちょっとした会合などでギャラリーに集う人達は

いつの間にか友達の友達、、

どこかでつながる不思議なご縁が多く、

「あの時は楽しかったね。♬」という声がチラホラ。

 

そう言えばどちらのお店も、急にクローズが決まった為、

クローズセールも少しはやったものの、まだたくさんの在庫を抱えたままで

静かに時が止まっていたのでした。

 

これを機会にまた「お洒落なフリマ」やってみます?!」

決まったのは連休の少し前。

5月の末には阿部真由美さんのイラスト展が決まっている為

その前か後、、後では真夏になってしまう。

ではやはり連休明けすぐ?!

 

決まったら話は早かったでした。

DMの手配、Twitterでのお知らせ、それぞれの値札付け、、etc。

まずはそれぞれのお店の在庫処分と、抱え込んでいた新品やusedの服を処分!

今年の連休はその準備で明け暮れてしまいました。

やると決まった途端の私のギックリ腰で、

他のお二人にはご迷惑のかけっぱなしで申し訳なく思いつつ。

とにかく自分の出来る事と、ギックリを再発させないよう気をつけつつ、

晴天の12日。いざフリマオープン!✨

 


 

3日間お天気には恵まれて、入れ替わり立ち代わり

たくさんの方がいらして下さいました。

始まる前から、噂を聞きつけた友達がのぞきに来たり、

終わってからも「うかがえなくて残念でしたがまだ残っていますか?」

「やはりあれが気になって、、」などなどで一週間は毎日のように出たり入ったり。

 

 

それにしてもこの小さなギャラリーの、どこにこれだけのものが入れられたのか?!

多分こんなにたくさんの方がいらしたのもギャラリー始まって以来だったかも。

やっている自分達の方もクラクラしながらの3日間でした。

 

              フランス雑貨の部。

                      布物類。

                         ガラスと磁器、小物類。

陶器とオブジェのコーナー。

                           知る人ぞ知る新品のリネンの服のコーナー。

 

3日間、お客様が途切れる事なく、あっという間に時間が過ぎました。

特にそれぞれのお店の常連だったお客様は、元のお値段を知っていらっしゃる為に

「こんなお値段で出して良いの?」と心配そうに声をかけて下さりつつ、

「そうと知ったらあれも!やっぱりこれも!」と、何度も足を運んで下さった方も。

終わってみればあれだけあったたくさんの服や器や小物達がたくさん旅立って行きました。

 


 

「また秋冬物でやってね!」

帰りがけにかけて下さるみなさんの声は同じでした。

実際、春夏物だけを並べるのが精一杯だった今回。

準備も間に合わない状態でしたし。

足取りが揃えばまた秋にでもと、。

でもまずはひと休み。深呼吸です。

 

笑顔と歓声と、試着室に慌ただしく出たり入ったりの忙しさと、

お茶とお菓子が行ったり来たり。

連休明けとは思えないパワフルなお客様ばかりで楽しい3日間でした。

本当にありがとうございました。心からの感謝を込めて!✨

 


0 コメント